印鑑を証明する書類

実印イメージ

自分の居住する市町村に登録した印鑑のことを実印と言います。
印鑑登録は土地や家などの売買契約や公正証書の作成などで本人を確認し証明するものとして必要です。

また、その登録してある印鑑を証明するものが印鑑証明書です。ちなみにシャチハタなどのゴム印は変形しやすいので実印として登録できません。

先日、車の購入に際して印鑑証明書を提出するように車屋さんで言われました。平日の日中はなかなか時間がとれないので、印鑑証明書を郵送してもらえるのか市のホームページで調べてみました。

その結果、私の住む市町村の場合ですが、事前に電話で予約しておくと土・日でも印鑑証明書が受け取れることがわかりました。

また市民カードを持っている人は予約なしでも自動交付機を使って受け取ることができるそうです。残念ながら郵送はできないとのことでした。

これで土・日でも印鑑証明書を受け取れることがわかったので早速いってきました。予約するのが面倒だったので自動交付機を使いました。

操作はとても簡単で、市民カードを入れて暗証番号を入力するだけでした。
印鑑登録をした時にこの市民カードを交付されましたが、発行にお金もかかるしこんなの使うかなと思っていましたが、あると便利なものでした。

この自動交付機で住民票も受け取れるということです。

しかし、印鑑証明書も住民票もただの紙切れなのに300円もかかるのはちょっと高くないですか。交付機を使ったら人件費もかからないですよね。
きちんと税金は払っていますからもっとサービスしてください。

ページの先頭へ