銀行印の収納

銀行印イメージ

銀行印とは銀行に登録した届出印のことです。お金の出し入れに使う大切な印鑑です。
認印やシャチハタとは違い、重要な役割を持っています。

その大事な銀行印ですが、みなさんはどのように収納していますか。銀行印の収納の仕方によっては後々に悔しい思いをすることもあります。

大事な銀行印と通帳をいっしょにして同じ引き出しになんかに入れてしまっていませんか。
ご丁寧に通帳と印鑑を金融機関ごとにセットにして輪ゴムでくくったりしていませんか。
災害対策で非常用持ち出し袋に印鑑と通帳を入れて、これで安心だと思っていませんか。

もし万が一、泥棒が侵入したりしたら印鑑ごと通帳を盗まれて全額引き出されてしまいますよ。
この収納方法はとっても危険です。通帳と印鑑は必ず別々にしまっておきましょう。

以前、友達に通帳を盗まれてお金を引き出されそうになったという事件があったそうですが、賢い主婦はわざと通帳と銀行印ではない印鑑をセットにして収納していたのだそうです。

盗む方としてはいっしょにしまってあればこれが銀行印であろうと思い込み盗み出すでしょう。
絶対に他の印鑑を探したりはしないでしょう。これで銀行窓口にいけば間違いであることがわかり、逮捕につながります。

この事件では盗んだ友達が、銀行印じゃない印鑑と通帳をいっしょにしているなんて詐欺だといって逆ギレしたらしいです。

友達の通帳を盗む人がいるなんて恐ろしい世の中です。誰も信用できなくなりますね。

そんな残念な世の中なので自分の通帳と印鑑はしっかり守りましょう。いっしょにしまってはダメですよ。

ページの先頭へ